アオリイカ釣りマニュアル

アオリイカのヤエン釣り

アオリイカ

アオリイカ釣りは、

比較的どんな場所でも狙えるターゲットとして昨今急激にその釣り人口も増えてまいりました。

そんなアオリイカ釣りを始めたい初心者の方の為に、

ヤエン釣りの知って欲しい基礎的なものとしてまとめてみました。

ヤエン釣りとは、アオリイカをヤエンにかけて釣る方法で、

紀南地方では最も多くの釣り人がこの方法で釣りをしており、ドキドキ感がたまらない非常におもしろい釣りです

 

ヤエン釣りの仕掛けは非常にシンプルで、

道糸に活アジを取り付けるサルカン付きのハリだけで、他に何もありません。

活きたアジを泳がせ、アオリイカに食わせて、

ヤエンを後から投入し、引っ掛けて釣り上げるというのがヤエン釣り。

アジのハリ以外は何もないので、100%釣れる保証が何もない独特な釣りなのですが、

これがゲーム性が高い、スリリングだ、アオリイカとのやりとりが楽しいなどの要因で非常に人気のある

釣りのジャンルとなっています。

アオリイカについて

アオリイカ

アオリイカについて、

その生態や詳しいことよりも、アオリイカを釣るにあたって知っておきたい情報は次の通りです。

 

1. 春から初夏にかけての3月~6月頃産卵時期を向かえ、型も大きなものでは3kgを超える。

 この頃が一番のシーズンですが、型が大きな分、引きも強く、アタリの数に対し、3割ゲット出来れば上出来。

 

2. 秋には、200gから1kgに成長し、この頃は数釣りが楽しめる。

 また、このサイズのイカは少しでも他のイカよりも大きくなろうとする為か、エサに対して貪欲で、

 一度バラしても、ヤエンに触れて傷を負っていなければ何度でもエサに食いついてくることが多い為、

 初心者には絶好の季節である。

 

3. 釣れる時間帯は、朝マズメ・夕マズメがベストだが日中でも曇りの日は良く釣れることがある。

 また月夜まわりの半夜釣りは、長くアタリが続くことがある。

 

4. 満潮、干潮から少しズレた時間帯が良いことが多い。

道具について

道具,竿

人によって道具の選択は様々ですが、ここには必要なものの一覧を記載します。

状況に応じて選択することが必要で、全て無ければ釣りが出来ないというものではありません。

エサについて

小魚を食べるイカですから、海にいる小魚なら何でも良いでしょう。

比較的手に入りやすいアジは最もポピュラーです。

他にコッパグレ、イナ、イサギ、ネンブツダイなどでも充分釣ることが出来る。

どの小魚も、12cmから大きなもので20cmまでのものが扱いやすい

  •  死にアジ(生アジ)

     

    スーパーなどで売っているもの。

    また、堤防などの釣り場で釣ったもの。

  •  冷凍アジ

     

    冷凍アジ

    釣りエサ屋さんで売っているもの。

    もしくは、生のアジに両面に塩を塗り冷凍させたもの。

    自分で作るポイントは、アジにむらなく塩を塗り、

    アジが曲がらないように冷凍すること。

  •  活けアジ(活きアジ)

     

    活けアジ

    釣りエサ屋さんで売っているもの。

    または、堤防などの現場で釣ったもの。

  •  活けイワシ

     

    活けイワシ

    秋から冬のまだ活性の高いアオリイカが多い時には、

    アジよりも断然反応が良いイワシがオススメ

場所

時期によって異なりますが、比較的浅い磯でも充分狙うことができます。

場所を選ぶポイントは以下の通りです。

釣り場での注意

磯

・ まず、車の駐車マナーには充分気を付けましょう。

・ トラブルになれば釣りどころではなくなります。釣り人の車を狙った車上荒らしにも注意が必要です。

 

・またアオリイカ釣りは、カゴ釣りと同じく広範囲の釣りとなりますので、

 他の釣りの人の邪魔にならないように心掛けることが大切です。

 同じアオリイカ釣りの人同士でもエサが絡んだりしないよう注意が必要です。

 後からその場所に来た人が、先に来ている人に一声掛けることがマナーです。

 その一声で上級者から良きアドバイスをもらえたり、それがきっかけに釣り友達になれることもあります。

 

・満潮と干潮の時間を把握しておくのも重要なポイントです。

 場所によっては、釣りに夢中になって潮が満ちてきて危険を伴うこともあります。

 

・夕方から半夜にかけての釣りは、気温の変化も大きいので、防寒にも注意が必要です。

エサの扱いと投入

エサ

ここでは、エサにイカが食いつくまでの注意点について述べてみたいと思います。

ヤエン釣りのアタリ

リール

イカのアタリは、エサを触手で抱え込んだイカが安全な場所へと走り出し、糸が出ていくことでわかります。

リールのスプールをフリーにして道糸で鈴が鳴るようにセットしたり、

リールのドラグを緩めて「ジィー、ジィー」と音でわかるようにすると夜間でも有効です。

また、必ずしも沖向きにイカが走り出すとは限らず、逆に急に糸が緩んだ時もあたりであることがあります。

 

秋の時期など小さなイカの場合は、ハッキリとアタリが出ないこともありますので、

時々イカがエサに食いついていないか確認することも大切です。

アタリがあった時は、慌てずにイカが走るのを止まるまで待つか、竿を立て、

スプールをフリーにして糸を出し、走るの止めさせるかです。

アオリイカとのやり取り

アオリイカとのやり取り

エサを抱いて走り出したイカは、

最初は長い二本の触手でエサを横から抱き、

エサの首根っこ付近に噛み付いています。

その走っている時に糸にテンションをかけると

イカがエサを放してしまうことがあります。

走っている時は、

なるべく糸にテンションをかけないよう出してください。

走るのが止まると、

エサを縦に抱き直してゆっくり食べ始めます。

横抱き

横抱き

縦抱き

縦抱き

アオリイカとのやり取り

さあここからがイカ釣りの楽しいところです。

ゆっくり竿の弾力を使いイカを寄せてきます。イカが引けばそれに合わせて糸を送り、止まればまた引き寄せる。これを繰り返し繰り返し、ゆっくりゆっくりイカを騙しながら引き寄せます。

 

もし、イカが違和感を感じてエサを放した場合は、慌てずそのまましばらく待ってください。

エサの近くにイカはいますので再度エサにのってきます。もし、2、3分経ってものってこない場合は、

エサを付け替えて再度投入してください。

ヤエンの投入

ヤエン投入

イカを引き寄せ、その距離が20~25メートルくらい、

道糸と竿の角度が45度くらいになったらいよいよヤエンの投入です。

竿を寝かせ、竿先に糸が絡んでいないことを必ず確認してから、

道糸を片手で持ちヤエンを投入して下さい。

ヤエンが水面に到着するまで道糸を放さないことが大切です。

そうしないと、道糸にヤエンが絡んでしまいます。

ヤエンを投入しようとしている時にも、

イカが走ることがよくありますので、リールはフリーにして

糸が出る状態にしておくことが肝心です。

※ヤエンに道糸がちゃんと通っているか確認しましょう。

 ヤエン釣りでのミスはこのヤエン投入時に一番多く発生します。

ヤエンが着水したら直ぐに道糸を張り、ヤエンが海底にかからないようイカとヤエンの距離を近づけていきます。ヤエンがイカのところまで到達したら、コツンという小さな反応があります。

或いは、急にイカが逆噴射で逃げる場合も到達したか近くまで行ったと考えられます。

しかし、この場合はわかりにくいことも多いです。大切なことは無理に引き寄せないことです。

また、シモリの多い場所では、

竿を立てて寄せるとイカが深く潜ろうとしてバラシにつながりますので、竿をねかせて寄せるようにしましょう。

ヤエンを投入後、イカがエサを放した場合は素早く回収し、

ヤエンを外して再度エサを放した付近にエサを投入して下さい。半分くらい食べられていても大丈夫です。

ヤエンがイカに届いたら、竿で合わせを入れます。

コツンと小さな振動があるか、

イカの重さにヤエンの重さが加わったのがわかるようになるには少し経験が必要です。

あまり強く合わせると、せっかくヤエンに掛けても身切れしてしまいますので、竿をあおる程度で良いでしょう。

 

また、竿先とイカの距離が2メートルくらいになる真下までイカを引き寄せ、水面より上にイカの目が上がるくらいにまで引き上げ、イカがエサを放して落ちるようにしてヤエンにかける方法があります。

取り込み

アオリイカ

ヤエンに掛けてもまだ安心は出来ません。

イカは身切れする程最後の抵抗を見せることがよくあります。

また、岩や藻にしがみ付くようにしてヤエンが外れることがありますので、

イカをなるべく浮かせた状態で取り込むようにすることが肝心です。

 

ギャフで掛けるか、タモですくうかは釣り人の好みですが、ギャフの場合はイカの身に傷が付きますし、

タモの場合はヤエンがタモに絡むことが多々あります。

ギャフで掛ける時は、足の反対側の身の先側を掛けます。

そうするとイカの頭が沖向きとなり、墨を吐いても釣人にかかることはありません。

アオリイカの取り込み

タモですくう場合は、タモでイカを追いかけるのではなく、

タモにイカを引き入れるようにするか、イカの後ろ側からすくうようにすると良いでしょう。

タモ入れに成功したら、充分に墨を吐かせてから引き上げましょう。

 

この取り込みの失敗が、また次の釣りへの意欲になるほど失敗はつきものです。

慣れるまで、他の人に取り込んでもらうのも良いでしょう。

アオリイカの絞め方と保存

アオリイカ

無事取り込んだイカですが、最後の処理が肝心です。

長時間釣りを続ける場合は、スカリに入れて泳がすのも良いですが、よくウツボなどにスカリごとボロボロに

されることも珍しくありませんし、弱ったイカは海の小さな虫に食べられてしまうこともあります。

 

絞め方は、目と目の間の少し上側をイカシメピックで突くと色が変わります。全体に白くなれば成功です。

うっかり口の周辺を持つと、鋭いイカ独特の口で咬まれてしまいますので注意しましょう。

 

また、最後の抵抗で墨をかけられてしまわないよう、イカの足側に自分がまわらないようにしましょう。

ビニール袋に保管

絞めた後は、クーラーなどが墨だらけにならないように、チャック付きのビニール袋に入れて保管しましょう。

クーラーなどに入れておく場合、

直接氷に触れないようにして下さい。

 

家に持ち帰り、一度冷凍してから食べると、尚やわらかく、

また甘味の増した美味しいイカに変身します。

イカの刺身

ヤエンのサイズついて

ヤエン

ヤエンは様々なタイプがあり、

ローラーが付いていて、滑りやすいものも市販されており、どれを選ぶか迷う程です。

ヤエンは使う人によって様々な解釈と釣り方があり、下記の考え方が絶対正しいとは限りません。

しかし、一般的な解釈として、イカのサイズによって選ぶこともありますが、

一番のポイントはエサの大きさに合わせることです。

横抱きから縦抱きへと移行し、

頭を落とされたエサの状態が、下図のようなサイズになっているとヤエンにかかりやすい状態です。

ヤエン
ヤエン

また、根がかりなどでロスすることもありますから、二本以上持っていくことも大切なことです。

更に、タイプの違うヤエンを使用し、イカのかかり具合や、イカのどの部分にかかっているかなどを

研究していくことで、だんだんヤエンについての理解が深まることと思います。

© 2018 Tsuttarou inc.