アオリイカ釣りマニュアル

アオリイカのエギング

エギングとは?

エギ(餌木)というエビに似せた型を使ってアオリイカを釣ること。

 

エギとはエビの形をした和製のルアーで、

ルアーフィッシングのようにエギをキャストしてはリトリーブ(リールで巻き取る)することを

繰り返し行いアオリイカのいる場所を探る釣りをエギングという。

 

エギを投げては巻き取るという単純な作業のようではあるがなかなか奥が深いものである。

アオリイカ以外にもコウイカやカミナリイカ(モンゴウイカ)が釣れる時もある。

エギングの時期・シーズン

産卵のため浅場に集まってくる親イカ狙いの春

 

春の産卵で生まれた子イカ(新子)が成長し釣れだす秋

 

この2シーズンがメインとなり、梅雨明けから初夏にかけても釣果は期待できる。

秋は数釣りが楽しめる最高のシーズン。

エギングをするのに必要なもの

・エギングロッド

・リール

・エギ

PEラインは0.6~0.8号、リーダーはフロロカーボンラインの2~3号。

PEとリーダーは直結します。直結は電車結びで構いません。

リーダーの先にエギスナップをクリンチノットで結びます。

  •  電車結びの動画

     

  •  クリンチノットの動画

     

あれば便利なもの

・エギケース(エギを入れておく専用のケース)

・チューニングシンカー

(エギの沈み具合を調整する糸状のナマリ)

エギケース
チューニングシンカー

・エギスナップ(エギを交換するのが簡単)

・エギピック(イカや魚をシメる)

エギスナップ
エギピック

・玉アミ

(そのままでは引き上げれない場合、

 確実に取り込める)

玉アミ

・ギャフ(玉アミの先を替えて使う)

ギャフ

エギングの場所・時間帯

もっとも簡単に場所を探すには、防波堤やテトラなどに残っているイカのスミを見つけること。

誰かがそこで釣り上げた証拠なので確実性が高くなる

スミ跡

 

スミ跡の色が濃ければ最近釣れたポイント

ということが分かる。

 

基本的に普通の魚と同じく朝マズメ、夕マズメ時は

アオリイカも活発に動いてエサを追い求めます。

スミ跡

エギングの釣り方

エギをキャストした後、エギが底に着くまでそのまま。

 

底に着いたらラインの糸ふけを取ってから竿をあおり、

またエギが底に着くか付かないかぐらいでまたあおる。これを繰り返す。(A)

 

あおる速度を速めたりゆるめたりラインの巻き取り速度を変えたりしてエギにアクションを加えて

アオリイカを誘う。

また、竿のあおる角度を半分にして2段階であおったり(B)、

エギが底に着くよりも早い目にあおる(C)、などエギにアクションをつけてやる。

 

このようなキャストを数回繰り返してもアタリがない場合などは、ポイントを移動してみる。

 

アオリイカがヒットした場合、海中のゴミやビニール袋に引っかかったような感じになるのでラインを

ゆるめないようにゆっくりと巻いていく。あらかじめリールのドラグはゆるめにセットしておく。

 

イカ特有のジェット噴射でバラしてしまわないよう、完璧に取り込みするまで気をゆるめず慎重に。

エギの選択

エギの選択は基本的に対象のアオリイカサイズが、

1.5キロ以上なら4号、500g~1.5キロなら3.5号サイズ、200~500gは2.5~3号

堤防エギングで小さいアオリイカが、

2.5号エギにも抱きつきに来ない時は、2号サイズまで小さくすると乗ってくることがある。

●昼間や海が澄んでいる場合・・・

 青、緑など(地味なカラー)

●闇夜や海が濁っている場合・・・

 オレンジ(派手なカラー)

エギ
エギ

ピンク系はいつでも平均的に良い。特に夜。

 

青  系・・・サバやイワシなどの色で海の透明度が高い時に有効。

 

ねずみ色・・・海が澄んでいる昼間などに有効。

 

オレンジ・・・マルチプレイヤー的存在。どんなシチュエーションでもヒットする率が高い。

 

茶  色・・・ねずみ色と同じく海が澄んでいる昼間に有効。

 

各ポイントでは潮の流れや濁りの状態が異なるので、色が良くてもエギの材質やオモリの大きさなどが

合わなかったりすることもあり、エギをいろいろ変えて探ることが必要。

エギングのコツ

釣れやすい朝マズメ、夕マズメを狙います。

堤防や磯からでも、少しでも潮の通りの良い所を選びましょう。

まずは思いっきりエギを投げ、着底させる。着底のサインはPEラインのたるみです。

そこからエギをしゃくって、アオリイカにアピールします。

アオリイカは、しゃくったエギがフォールする時に抱きつきに来るので、

しゃくったあとは、アタリが分かるようにPEをよく見ておきます。

PEラインにエギの重さが乗っているテンションフォールでは、

アタリがあれば、竿先にコツンと反応が出ます。

また、テンションをかけないフリーフォールでは、弛んでいたラインが走ったり沈んでいくエギが

止まるような時もアタリなので、すばやく竿を立てて、大きく合わせます。

アオリイカが掛かったら、ラインを緩めないように手繰り寄せます。

サイズが20cm程度ならそのまま引き上げます。

それ以上大きい場合は、アミやギャフを使って引き上げます。

エギング参考動画

  •  PEとリーダーの結び(FGノット)

  •  リールのドラグ調整

  •  エギのしゃくり方(ショートピッチジャーク)

  •  エギングの進め方

  •  エギのしゃくり方

© 2018 Tsuttarou inc.